みゆき野オカンのブログ

みゆき野の里山に住む、オカンの日常。空、雲、花、田舎暮らしの日々

キボウシ 斑入りの葉っぱたち

こんばんは(⌒∇⌒) Shokoです。


私は、斑入りの植物が好きなんです。


代表格が、この子。







キボウシ(ホスタ)



斑の入り方が、品種によって、微妙に違い、この子は、お気に入りの一種。








これは、昨年秋に、お迎えした、新入りちゃん。


色の入り方が、反対でしょ?



で、この植物、日陰でもよく育ち、シェードガーデン向き。


生育も、旺盛で、3年位で、株分け出来るの。



Shokoの株分け方法は、ちょっと、大胆で、30㎝程に育った株を


掘りあげて、葉っぱを落としてから、包丁で、ザクザク分けちゃいます。


8棟分くらいにね。


そして、そのまま、土に戻します。


そうすると、翌年、赤ちゃんが、ヒョコっと芽を出します。


なんかね、切り分けてるときは、何だか、残酷かなと、思うんだけど、


春に、新芽を見ると、頑張って大きくなるんだよと、なでなで!










ヤブランも斑入り


これは、根元で、分ケツするので、分けるのは、簡単!







ツルニチ草


これは、斑入りではないものも、あるのですが、やはり、こちらの方が、好きです。


この子は、蔓植物なので、放ったらかしでも、勝手に増えてしまいます。



今夜は、斑入り植物のお話しでした。


では、また、Shokoでした。